シンプルな方程式

スポンサーリンク

今日はちょっとコアなお話です。

不妊、生理不順、アルツハイマー、パーキンソン病、リウマチ、緑内障、関節炎、痛風…

これらが疑われた時
皆さんはまずどこに行きますか?

病気、
病気になる前の前兆、
不定愁訴(頭が重い、イライラする、疲労感が取れない、よく眠れないなどの、何となく体調が悪いという自覚症状を訴えるが、検査をしても原因となる病気が見つからない状態wikipediaより)

これらは全て結果であり、
結果である以上、何かしらの原因によって引き起こされています。

もちろん結果に対する対処も必要で大切なこともあります。

緊急性を要することも、
そしてそれが生死を分けることもあります。
だから決してないがしろにしてはいけない。

でも、私たちは結果への対処だけで安心していることが多いのではないかと思うのです。

しかし誰でも知っているように
原因があって結果があるので
結果だけ対処しても
(先天性の場合を除いて)原因に対してのアプローチがなされなければ
また同じことを繰り返します。

これは部位や形を変えて出てくることもある。

検査をすればいいのでしょうか?

または、同じように結果に対する対処を施してそれを繰り返せばいいのでしょうか?

専門家の手を借りる
必要な時は私もします。

自分より絶対的に沢山の勉強をし、患者さんと接し
経験則から来る情報を持っていると思うからです。

専門家といっても東洋医学の専門家、西洋医学の専門家がいます。
どちらか選択してもいいし
情報を幅広く取るためにどちらの意見も聞いてもいいと思います。

でも、それと同時に
普段から自分の身体を自分で知っておくこともそれと同じくらい大切なことなのではないか?と思うのです。

勘違いしないでもらいたいのですが
人任せにするな、と言っているわけではないのです。

人のチカラを借りることも大切。
でも、日頃から自分で自分の身体のことを感じ、考え、小さく対処してくことも大切。
どちらも大切なのではないか、と言っているのです。

正解はないですし
生きていくこと自体が
そうやって体と向き合うことなのではないか?と思います。

でも、知識ゼロでの判断は難しいと思うので
最低限、個人でもある程度アンテナを張って情報を取っておく方がオススメです。

もちろん神経質にはならずに、バランスを考えて。

さて、冒頭でお話した症状に対してどうするか・・・
続く



私とLINEでお話しませんか?
友だち追加
https://line.me/R/ti/p/%40sih0689s


【人気記事】

アンチマクロビの視点①
外食をたっぷり満喫する方法
シンプルな方程式
何を基準に選ぶ?ごはんがグンと美味しくなる調味料
マクロビ初期の日記①
とっておきの不幸
誰も教えてくれない!玄米VS白米白書
後悔しない人生には理由がある
欲張り布ナプキン
マクロビで得られる7つのメリット
マクロビの3つのデメリット
快適で暮らしやすい生活を飲み物からスタート!
ちょっとした習慣で差がつく電磁波対策


↓ポチっとお願いします↓


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 食生活改善ダイエットへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする