妊活に悩むよりやるべきこと

スポンサーリンク

絶対にこうなりたい!!!

この想いも大切だな、と思います。

でも、一方で
今、目の前にある当たり前のようで当たり前でない現実を
楽しみながら一生懸命生きることも大切だな、と思うのです。

なぜこんなことを書こうと思ったかと言うと
最近世間でなにかと話題になっている
婚活や妊活に対して
後者についてあまり言われないからです。

前者のどうしても!!って純粋な想いで
一心に行動することも大切なのですが
それで行動し続けた結果
心が折れてしまって
元に戻る位であればいいですが
むしろマイナス(金銭的にも精神的にも体力的にも)になってしまう人も
沢山見てきているから。

良い悪いはないですが
不妊治療の末、授からず離婚なんて話もチラホラ耳にします。

それはそれでそういう定めなのだとは思うのですが
やっぱり結婚の目的の延長線上に妊娠・出産があったりするのであって
結婚の目的=妊娠・出産ではないと思うのです。

(マイナスと書きましたがちょっと訂正させてください。
一見マイナスに見える出来事だったとしても
そこから人生における素晴らしい学びにつながったりもします)

でも、あまりにも婚活、妊活に対して
煽って商品を売ろうとしたりしている現実を見ると
なんか違うな、といつも思うのです。

元々はみんな一人。
それが周りが結婚していくにつれ、結婚していないことが欠如に感じる。
たまたま結婚したとしても2人で十分幸せな生活。
でも、それがだんだん子どもがいないことを欠如に感じる。

そう感じさせるような情報に振り回されるのは、
ちょっと待って!って思わずにはいれません。

結婚だけが幸せではないし
子どもを授かることだけが幸せではない。

欠如感だけではなく
今ある幸せに目を向けることも大切って言いたいのです。

また、
結婚して子どもが授からなければすぐに病院に行く風潮がありますが
不妊治療も初めから医療にお任せするのではなく
体温を上げる
体力をつける
赤ちゃんが体に宿りたくなるような生活(食事・運動・睡眠・リラックス)を送る
まずは自分ができることがあるんじゃないのかな、と思います。

例え、妊娠できたとしても生むのは自分。
なるべく医療介入なく生めるような体作りを心掛けたいと思います。

妊娠しない、という結果への対処だけではなく
原因に対する対処もやっぱり大切。(シンプルな方程式

そのあとの子育ても考えるとより一層そう感じます。

医療と並行してもいいとは思います。

でも、なんでもかんでもお医者さんお願いします!じゃなくて
まずは自分でやれることをやる!

歯医者さんが終わったら妊活を再スタートする自分への戒めも含めて。

暑いけどダラダラ、ゴロゴロ、パクパクせずがんばりたい!



私とLINEでお話しませんか?
友だち追加
https://line.me/R/ti/p/%40sih0689s


【人気記事】

アンチマクロビの視点①
外食をたっぷり満喫する方法
シンプルな方程式
何を基準に選ぶ?ごはんがグンと美味しくなる調味料
マクロビ初期の日記①
とっておきの不幸
誰も教えてくれない!玄米VS白米白書
後悔しない人生には理由がある
欲張り布ナプキン
マクロビで得られる7つのメリット
マクロビの3つのデメリット
快適で暮らしやすい生活を飲み物からスタート!
ちょっとした習慣で差がつく電磁波対策


↓ポチっとお願いします↓


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 食生活改善ダイエットへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする