私がこの世で2番目に恐れていたこと

スポンサーリンク

私がこの世で一番恐れていること

No.1は“餓死”で
No.2は“おばぁちゃんが亡くなること”

その位、
世界で1番大好きなおばぁちゃん(90歳)が
2016年1月に肝臓癌で、尚且つ全身に転移していることがわかりました。

今年いっぱいか、年を越せたらいい方だと。

流石に90歳なので
表面的には来るべき時が来たか…

自然の摂理としてみんな死ぬことだけは決まっているのだから仕方ない…
と冷静さを保っているつもりでした。

コレまでだってばあちゃんがいつ死ぬことになっても
悔いが残らないように、
出来るだけのことは常々してきたし!
後は残された時間の中で出来ることをやっていくのみ。

と、自分の感情に蓋をして
やるべきコト
出来るコトを淡々とこなしていました。

だってそうじゃないと
感情的に崩れてやらなきゃいけないこともできなかったから。

まず、発覚してからは
家族内での話し合い。

家族内と言っても
ひと家族ではなく
家の家族、おばちゃん家族、いとこ達…
沢山の人の意見を尊重しなければなりません。

ウチの親戚は幸い意見がそう違わないので
あらゆる部分がスムーズに行っている方だとは思いますが
何分離れて暮らしていることもあり、
伝達や話し合いって一回では終わらないので意外と時間を割きます。

まずは、今後どうするのか?

私は手当て法やらなんやら出来ることを全部やって
少しでも長生きして欲しい!!
出来るだけ長く一緒にいて欲しい!!!

…と切に願うのみ。

90歳ってよく生きた方だと思うし
ばぁちゃんからしたら
たぶんそんなことするより

出来るだけこれまで通りの生活をして
天命を全うしたい

そんなに長生きしたいとは恐らく思っていません
(実際にそのようなことを日常で口にしていました)

お医者様には

CTとエコーしか撮ってないし
肝臓癌の疑いの段階なので
造影剤やら色々検査をさせてもらいたい
と言われてました。

でも、正確に癌だとわかった所で
もう癌治療や手術を受けて辛い思いをして延命するよりは

それらを受けずに
そっと出来れば最期の時が来るまで

家で今の暮らしをさせてあげたい

これはみんな同意見だったので
それ以上の検査はお断りしました。

治療をしない

でも辛い痛い思いは出来るだけ避けてあげたい。

多面的に知りたいのもあって
漢方医にも診てもらいました。

診断結果は同じでしたが
副作用の少ない漢方薬の方がもしかしたら
平穏な日々が少し長く続けられるかも。。。

と言うことで
東洋医学と西洋医学、
両方でアプローチしました。


続く





私とLINEでお話しませんか?
友だち追加
https://line.me/R/ti/p/%40sih0689s


【人気記事】

アンチマクロビの視点①
外食をたっぷり満喫する方法
シンプルな方程式
何を基準に選ぶ?ごはんがグンと美味しくなる調味料
マクロビ初期の日記①
とっておきの不幸
誰も教えてくれない!玄米VS白米白書
後悔しない人生には理由がある
欲張り布ナプキン
マクロビで得られる7つのメリット
マクロビの3つのデメリット
快適で暮らしやすい生活を飲み物からスタート!
ちょっとした習慣で差がつく電磁波対策


↓ポチっとお願いします↓


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 食生活改善ダイエットへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする