美人の大敵!

スポンサーリンク

暑いからといって冷たいもの、摂りすぎていませんか?

かく言う私もその昔は
夏は毎日アイスを食べ
飲み物は必ずといっていいほど
氷の入ったものか冷蔵庫から出したばかりのものでした。

暑い日に冷たくて、しゅわしゅわした炭酸飲料を飲んだら幸せ♪
なんて思っていました。
そりゃアトピー発症するわ!!って
自分に自分で突っ込みを入れたくなりますw

だから、冷たいモノがダメ?
そんなの絶対に無理ー!!って思う方の気持ちもよーーーくわかります。

暑いんだから冷たいものを飲んだり食べたりするのが自然でしょ!と言う気持ちも。

でも、人間の体温は平均的に36.0~37.0℃にキープするようにできています。

そんな体の中に
0℃や氷点下のモノが入ってきたら
胃の温度は一気に下がります。

胃を中心にその周りもどんどん温度が下がります。

身体の温度が下がると酵素が働くなり、免疫力が低下するので
身体は特別モードスイッチを入れて
体温を一定にキープする為に温める方向に働きます。

すると、余計なエネルギーを消耗するのです。

冷たいものでなく、
浄水器の水や常温の飲み物だったとしても
温度はこの夏の時期ですら36℃までは行きません。

ということは0℃や氷点下よりマシですが
結局余計なエネルギーは使います。

冷えは健康面から言っても
美容面から言っても大敵であることは
だいぶ世の常識になってきました。

余計なエネルギーの浪費を押さえる為に
夏でも、いや、クーラーで冷えてしまう夏だからこそ!
温かい飲み物を水筒やポットに入れて常備しておくことをオススメします。

無理!!と思うかもしれませんが
案外冷たい飲み物が選択肢から消えると
つまり冷蔵庫に飲み物を入れなくなると
受け入れられるようです。

両親や夫がそうでした。
もちろん理屈での説得もありきですが。

それでも、どうしても冷たい飲み物が飲みたい時は
ちょこっと冷たい物を飲んでから
温かい飲み物を身体に入れるようにすればO.Kです。

この暑い時期に0℃や氷点下のものは自然界では稀です。
自然に即した食べ方、飲み方をするのであれば
冷たい飲み物はやめることをオススメします。

自然に近いのは常温の飲み物ですが
添加物や空気から入ってくる汚染物、化学物質、電磁波など
エネルギーを浪費しがちな現代の生活から考えると
少しでもその要因を
逆に疲れちゃわない程度に取り除いてあげるといいのではないかな、と思います。



私とLINEでお話しませんか?
友だち追加
https://line.me/R/ti/p/%40sih0689s


【人気記事】

アンチマクロビの視点①
外食をたっぷり満喫する方法
シンプルな方程式
何を基準に選ぶ?ごはんがグンと美味しくなる調味料
マクロビ初期の日記①
とっておきの不幸
誰も教えてくれない!玄米VS白米白書
後悔しない人生には理由がある
欲張り布ナプキン
マクロビで得られる7つのメリット
マクロビの3つのデメリット
快適で暮らしやすい生活を飲み物からスタート!
ちょっとした習慣で差がつく電磁波対策


↓ポチっとお願いします↓


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 食生活改善ダイエットへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする