アンチマクロビの視点②

スポンサーリンク

先日のブログアンチマクロビの視点
ただのリブログで放置していました(;^_^A

あの時はマクロビを始めたばかりの頃で
どっぷりハマっていて
アンチマクロビの話はかなり衝撃的でした!!

マクロビを初めてから7年目。

今感じることを書いていきたいと思います。

まずは、

          自分の身体の声に耳を傾ける

やっぱりこれに尽きるんだと思います。

もちろん自分の身体の声を聴けるようになるまでは
添加物をなるべく避けたり
化学肥料や農薬を使わない野菜や
化学飼料を与えられずにその動物本来の形で育った動物性たんぱく質を1割など
ある程度の基準に達するまでの体作り・・・というか味覚づくりをしていく大切さはあります。

マクロビオティックを実践する方のほとんどはここまではできるみたいなんです。

でも、ここからが分かれ道。

頭で考える癖がついて
自分の身体の声が聴けなくなっちゃう人が多い。

かくいう私も、一時期動物性食品を減らしすぎたな、と感じたことがあります。

これはもちろん自分の体質においての話で万人に共通するわけではないのですが
1日3食、肉食で育ってきた私には(もしくは今の私には)
すこし動物性食品も必要なのではないか、と感じているのです。

以前は動物性食品は0~1割と捉えていました。

0でもいいと思っていました。

でも、今の私の身体に置き換えると1割程度は必要としているようなのです。

これは夏と冬でも違います。

夏は冬に比べて動物性たんぱく質を必要としません。
むしろ体が暑くなるので
あっさり調理された夏野菜を求めます。

でも、冬は1割程度必要としている。

先ほどから使っているこの”必要”という表現。

どうやってわかるかと言うと
先ほど説明した通り、あくまで体と味覚の下地ができた上での話ですが
美味しいと感じるかどうかなのです。

一時、動物性たんぱく質を減らし過ぎた時は
お肉や魚、卵ってなんて美味しいんだろう!!!
こんなに美味しかったっけ?
って感じました。
(牛乳は昔からあまり好きではないので今でもほとんど頂きません)

あれ、これって私の身体が必要としているサインなのでは?と思って
何日か続けて食べてみると
だんだん苦しくなって
お肉も魚も卵もそこまで美味しく感じなくなりました。

そして、何日かまた、ベジで過ごすと
また食べたくなる。

これが私の中で1週間位のスパンで見ると1割前後なのです。

マクロビにハマり出した頃
動物性たんぱく質を毒のように感じていた時期がありました。

マクロビオティックをする前は
身体の声を聴くなんて視点は一切なく
なんとなく1食1食に動物性たんぱく質が入ることがいいことだ!と思っていて
明らかに全体の量も動物性たんぱく質も食べ過ぎていましたが

それでも、問題なのは
自分の身体の声が聴こえなかった感覚であり、
量であり、
バランスで
食べ物に罪はないのです。

改めて私の師匠の言っていた言葉が身にしみる。
「別に癌でもないんだし添加物も動物性タンパク質も食べたら直ぐに死ぬ訳ではないんだから、時々お友達と外食に行ったり美味しいスイーツを食べに行ったりする位が丁度いいのよ。」

「一番大事なのはバランス!そしてストレスがないこと。少食とか味覚とかは続けて行けば自然と変わってくるから大丈夫!」

「美味しいものが沢山あるし、その味も知ってしまってる訳だから、少ーしずつ取り入れてゆるーくゆるーくやる方が今の人には合ってる場合が多いよね。」

本当にこの通りだと思います。

そしてプラス身体の声を聴くこと。

なんでも良い加減で。

毎日をドキドキわくわく楽しく笑顔で♪

今日も皆さんにとってステキな一日になりますように~



私とLINEでお話しませんか?
友だち追加
https://line.me/R/ti/p/%40sih0689s


【人気記事】

アンチマクロビの視点①
外食をたっぷり満喫する方法
シンプルな方程式
何を基準に選ぶ?ごはんがグンと美味しくなる調味料
マクロビ初期の日記①
とっておきの不幸
誰も教えてくれない!玄米VS白米白書
後悔しない人生には理由がある
欲張り布ナプキン
マクロビで得られる7つのメリット
マクロビの3つのデメリット
快適で暮らしやすい生活を飲み物からスタート!
ちょっとした習慣で差がつく電磁波対策


↓ポチっとお願いします↓


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 食生活改善ダイエットへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする