アレルギーには意味がある

スポンサーリンク

先日、アトピーやアレルギーに対する私の見解をご質問を頂きました。
参考になるかと思ったのでこちらにも載せておきます。
—————————————————

私はアトピーやアレルギーの方は、化学物質に反応している、と言う見解をしています。

その化学物質がどこから取り込まれるかと言うと
1.経口吸収(食べ物)
2.経皮吸収(肌に触れるもの全般)
3.経気道吸収(空気)

この主に3つから取り込まれます。(胎児を除く)

アトピーの場合は1と2
喘息や花粉症などのアレルギーは1と3が大きく関わっていることが多いです。

お気づきかと思いますが、1の食事はどのアレルギーにも関わってくるので見直される機会が多いです。

これに対する対策としては単純に
①取り込まない
②排出する
(薬などで抑え込むとまた形を変えて出てくる、もしくは蓄積する、もしくは蓄積してまた形を変えて出てくる…ので根本治療にならない)

取り込まないことが優先ですが、両方からのアプローチがあると早いです。

【取り込まない】

1.経口吸収

添加物や農薬、化学肥料、化学飼料がこれに当たります。
有害物質には生態濃縮という特徴があるので
肉、魚、卵、牛乳など動物性のモノは特に有害物質の濃度が高くなりやすいです。
(原発事故後、高濃度の放射能汚染で基準値を越えたとして問題になったのはやはり牛乳やキビナゴ、動物性でした)

この観点から見るとマクロビオティックのような玄米菜食者は有害物質を取り込みにくい。
アレルギーやアトピーが改善すると言われる理由はここにあります。

2.経皮吸収

肌に直接触れる衣服、衣服を洗う洗剤、石けん、肌に塗布するもの(保湿液、化粧水、日焼け止め)など

3.経気道吸収

は空気なので大気汚染、排気ガス、PM2.5等も含まれますし
ファ〇リーズや洗濯洗剤、トイレの芳香剤等の化学香料も含まれます。

これらをその人の重症度と可能な範囲のバランスをみて、
出来る限り取り除いてあげることで取り込む量を減らします。

【排出する】

1.経口吸収

玄米とお味噌汁を組み合わせることにより
有害物質や重金属を吸着して出す効果があります。
アレルギーにマクロビオティック食が効果を発揮した事例がたくさんあるのは
腸内に溜まった宿便などを含めて蓄積した毒素を出すからです。

2.経皮吸収

経口吸収は95%解毒できますが、経皮吸収は10%しか解毒できないと言われています。
とにかく取り込まないことが大切です。

3.経気道吸収

一般的にはやはり取り込まない対策が大切だと言われています。

もっと細かい話になるとお餅が良くない、とか
酸化した油が良くない、などもあります。
またアトピーに関しては
どの食べ物に反応するかは個体差があります。

ちなみに夫はアトピー体質です。

でも、一緒に住んで5ヶ月。

経口吸収である添加物や農薬は大幅に減り
経皮吸収になる洗濯洗剤をソフトなモノに変え(洗剤は何を使っている?)とお風呂で使用する石鹸・シャンプーは手作り石けんにし
経気道吸収になる芳香剤は引っ越してすぐに除去しました。

その甲斐があり
体は軽いし
昨年は血だらけだった背中は今年はほとんど血が出ていません。

仕事で週に1~2回外食が入るので完璧にはできませんし
完璧にすると疲れるので
する気もありませんが
お互いにストレスにならないようボチボチ
長年溜めた毒素と根気よく付き合っていくつもりです。

またご報告させていただきますね。



私とLINEでお話しませんか?
友だち追加
https://line.me/R/ti/p/%40sih0689s


【人気記事】

アンチマクロビの視点①
外食をたっぷり満喫する方法
シンプルな方程式
何を基準に選ぶ?ごはんがグンと美味しくなる調味料
マクロビ初期の日記①
とっておきの不幸
誰も教えてくれない!玄米VS白米白書
後悔しない人生には理由がある
欲張り布ナプキン
マクロビで得られる7つのメリット
マクロビの3つのデメリット
快適で暮らしやすい生活を飲み物からスタート!
ちょっとした習慣で差がつく電磁波対策


↓ポチっとお願いします↓


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 食生活改善ダイエットへ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする