常識破りの買い物論

スポンサーリンク

昨日、父から電話がありました。

「この前プレゼントしてくれた石鹸、めちゃくちゃええねんけど、どこ行ったら買えるん?」
「え?あれ私が作っている石鹸だから買えないよ。原価率高過ぎるし売る気もない。」

結局、私が春頃ハマって沢山作っていた石鹸があるので
そちらをまたあげることにして落ち着きました。

本当に売らないから作れるような高級石鹸ですw
オーガニックのオリーブオイルを中心に
ココナツオイル、RAWカカオバター、シアバター、みつろう全てオーガニック
おまけにyounglivingのミントオイルで清涼感を出し
有害物質を吸着してくれる麻炭やガスールなどを混ぜ込んでいます。

旦那さんがアトピーなのですが
手作り石けんにヨモギを入れてあげると痒がり方が全然違うのです。

先日、実家に泊まってきた際に、市販のシャンプーを使ったそうなのですが
背中まで掻いて血が出た状態で帰ってきました。
次の日、家でお風呂に入るとまたピタッと収まる。
本当に見ていておもしろい位です。

ここで何が言いたいのかと言うと
お金で買えることが当然ではないということです。

世の中
お客様第一主義
お客様優先
お客様が偉い
この価値観だけが当然のように溢れています。

お客様が買ってくれなければ商売が成立せず、
会社が倒産し、
従業員が路頭に迷う。

もちろんそれもそうです。

でも、消費者側も、売ってもらえるから
お金で品物、サービス、時間、空間などの一定の価値を手に入れることができるのではないでしょうか。

何も感謝の気持ちはお金を頂く一方だけでなく
お客さんからも双方向でいいのではないか、と思うのです。

お料理教室をしている時に8cmのセルクルを探していた時のことです。

8cmというのがまたマニアックな商品で
ネットショップで一社だけ販売しているところを見つけました。
ライスバーガーの型に使いたかったのですが
置いてありそうなお店どこをあたっても売っていなかったのです。

それがその一社だけ取り扱っていました。

よかった、売っている場所があって…と安堵して注文しました。

自動返信メールとは別に
以前にも聞いていますがマンション名を教えて下さいと返信が来ました。
なんだかすごく怒っているのです。
合わせてメールには、マンション名がない場合は販売を取りやめたい旨が書かれていました。
マンションに住んでるなんて一言も言っていなので身に覚えがないことでした。
びっくりしたのですが、正直売ってもらえなくては困る!と思いました。

家はマンションではないですので
注文した際の住所に発送頂けたら到着します。

と返信したら、
相手を間違えて私にメールを送ってしまったとのことで平謝りのメールが届きました。

私もお金を払ってるんだから商品を届けてくれるのは当たり前でしょ?
と横柄な心がどこかにあったことを反省し
売ってくれるだけで本当にありがたいことなんだな、と実感したことを覚えています。

“支払う”の“払う”は“お祓い”の“祓う”だと聞いたことがあります。
読みだけでいくと言霊としては同じだから
これも頷ける話です。

ついでに“祓う”は“掃う”もありますね。
掃除機で掃除するだけではダメで
やはりほうきと雑巾がけが大切というのも聞いたことがあります。

売ってもらえるありがたさを感じながら生きる
これは自分が気持ちよく生きる為に…
ええ、結局すべては自分の為にw

日常の何気ないお買い物一つで感じられるこんな幸せ気分

味あわない手はないですので是非お試しあれ♪



私とLINEでお話しませんか?
友だち追加
https://line.me/R/ti/p/%40sih0689s


【人気記事】

アンチマクロビの視点①
外食をたっぷり満喫する方法
シンプルな方程式
何を基準に選ぶ?ごはんがグンと美味しくなる調味料
マクロビ初期の日記①
とっておきの不幸
誰も教えてくれない!玄米VS白米白書
後悔しない人生には理由がある
欲張り布ナプキン
マクロビで得られる7つのメリット
マクロビの3つのデメリット
快適で暮らしやすい生活を飲み物からスタート!
ちょっとした習慣で差がつく電磁波対策


↓ポチっとお願いします↓


にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 食生活改善ダイエットへ
にほんブログ村